トレンドキーワード「合気道 技 種類」を調べた結果!

健康・美容

トレンドキーワード「合気道 技 種類」を調べた結果!

はじめての健康合気道 心と体の健康のために始めてみませんか

はじめての合気道 自分を守る力が身につき 心と体を鍛えて健康になる

健康で毎日を生き々生活したいと、思っているあなた。健康のために合気道を始めたらいかがでしょうか。合気道を続けると技が身について、上達していく楽しみがあります。

合気道は己をコントロールし相手を活かすというのが基本理念です。
基本の動きを身につけて「呼吸力」で技を決める。そして呼吸力の養成で技を進化させ、心技体を極めていくようになります。

でも合気道をやっていて、その上達で悩んだりします。
合気道は相手がつかみにきた瞬間に技をかけるほうが上達するのか、それとも自分は持たれてから技をかけるのが良いのかとか。いろいろ疑問が出てきます。

結論は順番を守って稽古する事が上達の近道です。相手を崩して技をかける。その崩しとタイミング、方向とスピードを体が自然に動く様に鍛えねばなりません。その為に一番大切なのが「型」です。スポーツでは「フォーム」と言います。

初心者のうちは掴まれてから技をかけます。これは「技の形」と「姿勢」、「体捌き」を身につける為です。
中級者は「体を捌きながら技をかける稽古」に移行します。
上級者(自ら捌いて相手を崩す事が出来て、重心移動のベストタイミングで技が掛けられるレベル)になったら、「掴まれても崩して技を掛けられる稽古」に移行します。
基本的に、合気道は「型稽古」なので、自分が判断してレベルをあげる稽古に自分から持っいき上達していきます。自分のレベルにあった稽古を心がけ、一日一つテーマを持って稽古する事が大事になってきます。

合気道の技も身に付き、体も健康になって、アンチエイジングの効果があります。
年齢を重ねても、合気道は無理のない動きで稽古できますので、継続して楽しみながら健康を維持できますよ。


合気道は、開祖・植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。合気道は相手といたずらに強弱を競いません。入身と転換の体捌きと呼吸力から生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。また、合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合や競技を行いません。
開祖・植芝盛平翁逝去の後、故植芝吉祥丸(1921~1999)が道主を継承して一般にも門戸を開放し世界に広げ、現在、植芝守央が道主を継承しております。

出典 http://www.aikikai.or.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ